人材・組織開発サービス【株式会社新経営サービス】

サービスSERVICE

アジャイル経営プログラム

受講対象者
経営陣から一般社員まで全社員 ※経営計画策定フェーズは経営陣中心
実施形態
インハウス(社内限定)型

研修の狙い・目的

アフターコロナ対応型の企業体質に転換する!

アメリカで、クライシス・シェイプ・ヒストリー「危機が歴史を創る」といいます。
危機の前と後では世界が一変することを指しています。今回のコロナ禍においても、これまで緩やかであった環境変化のスピードが加速化していき、大きな変化を迎えることになるでしょう。

また我が国は、ご承知の通り本格的な人口減少社会を迎えていきます。
既存の経営モデルでは立ち行かなくなっていくことは自明の理です。

では、これからの時代に対応していくために何が必要なのか?
もちろん、さまざまな要素がありますが、有効な戦略・ビジネスモデルを生み出し続ける組織体質を創ることが本質テーマの一つといえます。

ソフト開発 の世界でアジャイル開発といわれる手法があります。アジャイルとは「俊敏な」「しなやかな」と訳されますが、顧客フィードバックや市場動向をみて臨機応変に開発を進めることで、“使える”有効なソフトをつくる手法です。

この思想を経営にあてはめて組織運営を行い、その時々の環境下で、市場と対話しながら“的を射た”戦略・ビジネスモデルを生み出し続ける組織体を創ることを本プログラムでは目的としています。

プログラム概要

  • 1st

    基本プログラム・コンセプト

    アフターコロナの世界は、VUCAワールド(Volatility:変動性、Uncertainty:不確実性、Complexity:複雑性、Ambiguity:曖昧性)、一言集約すれば、予測困難で変化の激しい世界が加速する。

    では、こうした経営環境下で何が求められるか?

    アジャイル経営計画
  • 2nd

    経営計画策定フェーズ

    経営陣を中心に、下記観点で全社戦略を早期に策定。戦略に基づき部門・部署・個人が目標連鎖形式で各目標・計画を策定。

    経営計画策定フェーズ
  • 3rd

    高速PDCAスパイラルアップの仕組み構築フェーズ

    アジャイル経営の要となる「市場との対話」をスピーディーに行い、経営方針・計画をブラッシュアップしつづける仕組みを構築します。

    経営計画策定フェーズ
  • 4th

    社員マインドセット変革フェーズ

    経営計画推進・高速PDCAスパイラルアップを図り、有効な戦略・ビジネスモデルを構築しつづけるためには、本質的には社員一人ひとりの業務の進め方・仕事に対する取り組み姿勢(マインドセット)の変革が不可欠です。

    本フェーズでは、階層別に求められるマインドセットを獲得する働きかけを研修などを通じて行います。

    経営計画策定フェーズ

資料請求・お問い合わせフォーム

サービス内容
お問い合わせ内容必須
お問い合わせ必須

お問い合わせ内容の詳細をご入力ください。

貴社名必須

※個人の方は「なし」とご記載ください。

貴社名(フリガナ)
郵便番号必須
-
所在地必須
ビル名など
お名前必須
お名前(フリガナ)
所属(部署)必須
役職必須
電話番号必須
メールアドレス必須
弊社を知ったきっかけ
個人情報保護方針必須 個人情報保護方針はこちら