人材・組織開発サービス【株式会社新経営サービス】

コラムCOLUMN

連載コラム~目標達成し続けるチームづくり~【第7回】仲間意識を高める呼び方

2019.2.20  チームビルディング

「ジェームス、この書類の確認をお願いします。」

「アレックス、来週の会議は11:00に変更になりました。」

これらは一見、外国人とのやり取りのように見えますが、上記のジェームスもアレックスも日本人です。

最近、社員同士がニックネームやファーストネームで呼び合う職場を見かける機会が増えました。欧米のように、名前を気軽に呼び合うことで互いの距離感を縮めることを目的としています。

また、企業によっては、人材の多様化に伴い社内で英語を使う機会が増えたことや、希薄になったコミュニケーションを活発にすることも狙いとしているようです。

 

社員数1400人を超えるロート製薬では、2006年に全社員にニックネームをつける「ロートネーム」制度を導入しました。それまでも、「さん付け」で呼び合う職場でしたが、さらに組織の風通しを良くする目的で取り入れた制度です。

また、別の企業では大学生向けの会社説明会で、自社の特徴としてニックネームで呼び合うことを紹介ところ、「雰囲気がよさそう」、「働きやすそう」と学生からの評判が良く、採用数の増加につながるという効果もあがっています。

 

チームづくりの観点からも、ニックネームで呼び合うことは効果的です。

なぜなら、「部長」、「課長」、「リーダー」といった役職名や肩書には否応なくポジションパワー(上下関係が持つ力)がひもづいているからです。

肩書は組織の統制上必要なことではあるのですが、チーム内で肩書を付けて呼び合うと、「リーダーシップはポジションパワーを持つ人が行使すべきだ」という先入観や固定観念を、メンバーに与えてしまいます。

 

チームがより大きなパワーを生み出すためには、全員がリーダーシップを発揮する必要があります。逆にいうと、リーダーがリーダーシップに固執して手放さない状態では、チーム力は発揮されないとうことです。

だからこそあえて肩書を外し、ニックネームで呼び合うことで、メンバー一人ひとりがリーダーシップや主体性を発揮しやすい場を作るのです。

 

ただし、ニックネームで呼び合う際に気を付けるべきことが1点あります。

それは、ニックネームは周囲が付けるのではなく、本人が呼ばれたい名前を自己申告することです。

例えば、私“南野”を“なんちゃん”と呼ぶように、一見普通の呼び方であっても、人によって、過去の嫌な記憶を呼び覚ましてしまう呼び方である場合もあるからです。

会社全体は難しくとも、まずは自身のチームから、ニックネームで呼び合うことを始めてみてはいかがでしょうか。

 

Author 執筆者

南野真彦

南野真彦

株式会社新経営サービス 人材開発部コンサルタント

大学卒業後、リクルートグループ企業においてクライアントの採用支援に従事。その後人事コンサルティング会社にて、中小・ベンチャー企業に対し、人材採用や若手の育成、人事制度の構築・運用に尽力。 株式会社新経営サービス入社後は上記に加え、理念経営の実践やチームワークの向上等、組織・人事面における幅広い手法を用いた組織開発コンサルティングを行っている。