人材・組織開発サービス【株式会社新経営サービス】

コラムCOLUMN

連載コラム~目標達成し続けるチームづくり~【第25回】チームでの判断基準を明確化する

2020.12.23  チームビルディング

~目標達成し続けるチームづくり~
【第25回】チームでの判断基準を明確化する

先日初めて会った人とダブルスのペアを組んで、テニスの練習試合を行った際に、以下のようなことがありました。

 

私のボールが相手前衛の頭上を越えたので「チャンス!」と思い、私はコートの前方に詰めたのですが、パートナーは守るポジションに居たため、せっかくのチャンスボールを決められず、逆に失点してしまいました。

後でパートナーとその失点シーンについて話をしたところ、「普段からあまりセオリー(定石)は気にせずにプレーをしているので、特に前に詰めようとは考えていなかった」ということでした。

これは非常にもったいないことです。

テニスには上記の他にも様々なセオリーがあり、強いダブルスのペアほど、セオリーに忠実で、「Aという状況になったらBという行動をする」というペアでの決め事を守ってプレーしています。また、1ポイント毎に話し合いながら二人の認識のズレを修正しています。

その結果、対戦相手はなかなか相手を崩す隙が見つけられず、無理をして自滅し、負けてしまうのです。

 

話は変わりますが、企業においては上司が部下に仕事を任せられず、ついつい細かいところまで口を出してしまったり、「自分でやった方が正確で早い」と、部下の仕事を取り上げてしまったりすることが多く見られます。

そして多くの上司は、その原因を「部下のレベルが低いから」と考えています。

しかし本来の原因は、上司の頭の中にある“判断基準”を部下に伝えられていないことです。

 

上司は業務において、何がしかの判断基準を持っています。

例えば、「この場合は、目先のお金よりも顧客との関係を優先する」、「この場合は質よりもスピードを優先する」等々です。

 

しかし、その判断基準を部下にしっかりと説明していないために、「なぜ先日は、『もっと正確に仕事をしろ』と言っていたのに、今回はスピード優先なのか?」等と、部下を混乱させてしまいます。

そして、いつまで経っても部下は上司の判断基準を理解できないために、事あるごとに上司が指示を出したり、修正したりしなければならなくなるのです。

 

この問題を解決する方法は、上司の頭の中にある判断基準を明文化したうえで、その背景や意図を部下に説明する時間を取ることです。

そうすると、上司がいちいち指示をしなくても、部下は共有された判断基準に則って考え、行動するようになります。

もちろん、1度伝えただけで判断ミスが無くなることはありません。しかし、その時こそ判断基準をすり合わせるチャンスです。そのミスを他のメンバーとも共有することで、同じようなミスが起きないようにすることが出来ます。

 

このようなプロセスを繰り返すことで、メンバー皆が同じ判断基準を持って業務を行うようになり、結果的にチームの生産性を高めることができます。

特に、テレワークで部下が上司に気軽に相談しづらい、あるいは上司が部下の仕事を
見づらい今こそ、判断基準のすり合わせを行ってみて下さい。

 

Author 執筆者

南野真彦

南野真彦

株式会社新経営サービス 人材開発部シニアコンサルタント

大学卒業後、リクルートグループ企業においてクライアントの採用支援に従事。その後人事コンサルティング会社にて、中小・ベンチャー企業に対し、人材採用や若手の育成、人事制度の構築・運用に尽力。 株式会社新経営サービス入社後は上記に加え、理念経営の実践やチームワークの向上等、組織・人事面における幅広い手法を用いた組織開発コンサルティングを行っている。

関連サービス

  • チームビルディング プログラム

    チームとして仕事の生産性を高めるためには、何が必要か?
    その唯一の答えは、チームや組織に「心理的安全性があること」