人材・組織開発サービス【株式会社新経営サービス】

サービスSERVICE

OJT教育 推進プログラム

受講対象者
主に新入・若手の教育を推進する人事/教育担当者
実施形態
インハウス(講師派遣)型

プログラムの狙い・目的

初めが肝心!初期教育が差を分けます!

「若手社員の育成がスムーズに進まない」という状況の背景にある「教育体系の未整備」、「教育風土の欠如」、「上司・先輩社員の育成能力の低下」などの問題を解決し、新入・若手人材の早期戦力化を図ります。

OJT教育推進イメージ

新入・若手社員の育成には、自社に合ったOJT教育の実践が不可欠です。適切なOJT教育を実施することで、職場の活性化を図ると同時に自社の今後を担う、有望な若手人材を育成します。

OJT教育推進イメージ

プログラムの概要・特徴

  • 1st

    OJT教育制度策定
    1. 現状、およびご要望内容の確認
    2. OJT教育推進方針、および推進PJメンバーの決定
    3. 弊社コンサルタント同席の下、PJミーティング開催
    4. PJメンバーが中心となって各部、関係者に検討内容の確認・共有
    5. 上記「4」を経て、OJT教育制度の完成
    OJT教育制度策定
  • 2nd

    チューター育成研修
    1. 受講対象者、および実施要綱の決定
    2. 集合研修の実施※体感ワークなどを交えて進行します。

    チューター研修 標準カリキュラム

    • 01オリエンテーション
    • 02若手・新入社員の傾向を知る
    • 03チューター自身の特徴を知る
    • 04育成のポイント
    • 05受け入れ準備について
  • 3rd

    チューターフォロー研修
    1. 約1ヶ月間の実践期間を経て、集合研修の実施
    2. フォローアップ、アドバイス※OJT振り返りシートを基に進行します。

    チューターフォロー研修 標準カリキュラム

    • 01シート記入
    • 02チームミーティング
    • 03チームミーティングの内容整理
    • 04今後に向けて

お問い合わせCONTACT

OJT教育 推進プログラムに関する資料請求・ご相談・ご質問は、下記のお問合せフォームよりお送り下さいませ。

お問合わせはこちら