人材・組織開発サービス【株式会社新経営サービス】

サービスSERVICE

管理者向け「PDCA管理力」強化研修

受講対象者
管理者層
実施形態
インハウス(講師派遣)型

研修の狙い・目的

環境変化に対応する力を養うために!
上司の“PDCA管理力”強化

元GEの経営者、ジャックウェルチ氏の名言の一つに「余儀なくされる前に、改革せよ」があります。これは、窮地に追い込まれる前に、余裕がある時にこそ変化を起こすことの重要性を語った言葉です。市場変化のスピードがますます加速する中、そのような環境下では、様々な問題に対して常に先手を打つことが必要です。そのためには部門長・現場リーダーのマネジメント力、言い換えれば「PDCA管理力」のレベルアップが求められます。

研修概要

スパイラルアップ
主なカリキュラム例
1. PDCAの必要性

管理者に求められる「マネジメント」のための必須事項

2.「P」フェーズ
  • (1)重要業績指標~「KPI」の抽出
  • (2)仮説思考~調査、情報収集から“あたり”をつける
  • (3)優先順位~プライオリティの検討
  • (4)シナリオプランニング~上方・下方修正の可能性を探る
  • (5)具体的な項目設定~「SMARTの法則」
  • (6)関係者間における目標の共有
3.「D」フェーズ
  • (1)“総論賛成・各論反対”対策~「why指導」でメリット・デメリットを理解させる
  • (2)部門間・部門内の関係性強化~段取り、根回しの習慣化
  • (3)フィードバック強化~「褒める」「叱る」の使い分けで部下のモチベーションをマネジメントする
  • (4)受け入れ態勢の維持~上司としての“いつでも聴ける”状態管理
4.「C」フェーズ
  • (1)「結果(数値面)」、「プロセス(数値以外の点)」、「気づき獲得による社内ノウハウ蓄積」の検証
    ~カギは「スコア化」
  • (2)「逸脱、未達に関する問題」…発生型
    「目線を上げることで生じる問題」…向上型
    「将来のリスクを見越した問題」…未来型
    の観点で原因分析を行う
  • (3)意図的な“批判的な見方”が正しい原因分析につながる
  • (4)「Pの読み違い」を受け入れる風土形成
5.「A」フェーズ
  • (1)論理的思考に基づく振り返り~ロジカルシンキングの活用
  • (2)フレームワークを効果的に活用した活発な検証~KPT、フォースフィールド分析
  • (3)「何を残す?」「何を捨てる?」「何を変える?」~スパイラルアップのための方針決定
6. まとめ~ 目標は「ナマモノ」、放っておくと腐ってしまう

お問い合わせCONTACT

管理者向け「PDCA管理力」強化研修に関する資料請求・ご相談・ご質問は、下記のお問合せフォームよりお送り下さいませ。

お問合わせはこちら